フランキンセンス

【学名】Boswellia carterii
【主な産地】ソマリア、エチオピア
 【抽出方法】水蒸気蒸留法


フランキンセンスはキリスト誕生のお話にも登場する聖なる香り
「場」や「気」を浄化するといわれています
「西洋」をイメージさせるフランキンセンスですが、実は和名をもっていて
「乳香(にゅうこう)」として、日本の香りの歴史にも登場します
名前の由来は、香りのもとになる樹脂が乳白色だから
香りは、木の香りらしいシャープな中に
あたたかみのある甘さとスパイシーさを持ち合わせています
ウッディ系に共通している呼吸器系サポート力があるので
深呼吸しながらぜひ香りを感じてくださいね
わたしは、“フランキンセンス”とつぶやくと
おまじないの言葉のように感じる時があります
クリスマスシーズンにもオススメの香り
素敵な時間の彩りにぜひお試しください♪

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。